長命富貴【ちょうめいふうき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
長命富貴

【読み方】
ちょうめいふうき

日本漢字能力検定
2級

【意味】
長生きして身分高く裕福であること。

【語源・由来】
『旧唐書』「姚崇伝」より。

【類義語】
・富貴長生(ふうきちょうせい)


長命富貴(ちょうめいふうき)の使い方

健太
ともこちゃんのおじいちゃんは長命富貴、みんなの欲するものをすべて手に入れたって感じだよね。
ともこ
そうなのよ。うらやましい話よね。
健太
ともこちゃんがいずれ財産を相続して、なおかつ長生きをしたら長命富貴を手にすることになるよね。
ともこ
そうなるといいんだけどね。

長命富貴(ちょうめいふうき)の例文

  1. 長命富貴な健太くんのおじいちゃんは、近所の人たちから嫉妬や羨望の目で見られています。
  2. おばあちゃんは長命富貴で恵まれているのに、愛情がほしいとぼやいてぜいたくな悩みを抱えています。
  3. 医療技術が発達した今、努力次第で長命富貴を手に入れることは可能です。
  4. 長命富貴なおじいちゃんは、95歳の今でも元気に自分の足でゴルフ場を回っています。
  5. 老後の資金の心配をしないですみ、さらに余生を楽しむことができるように、長命富貴でありたいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事