弾丸雨注【だんがんうちゅう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
弾丸雨注

【読み方】
だんがんうちゅう

「弾丸雨のごとく注ぐ」とも読む。
日本漢字能力検定
4級

【意味】
雨が降り注ぐように激しく弾丸が飛んでくること。


弾丸雨注(だんがんうちゅう)の使い方

健太
今朝のニュースで、中東のほうで戦争が始まったって言っていたよね。
ともこ
弾丸雨注の砲撃の映像が流れていて、とても怖かったわ。
健太
あんなことが同じ地球上で行われているなんて信じられないよ。現地の住民の恐怖は計り知れないよね。一日も早く終戦することを願うよ。
ともこ
私もそう思うわ。

弾丸雨注(だんがんうちゅう)の例文

  1. 東京大空襲では弾丸雨注の攻撃で、空からは焼夷弾が、地上は火の海で逃げ場はありませんでした。
  2. 弾丸雨注の戦場で、自分の命も危ういというときにも、健太くんは人を思いやる気持ちを忘れませんでした。
  3. 弾丸雨注の砲撃の中、今はぐれたら母と二度と会えない気がして、はぐれまいと母の手をしっかり握り逃げまどいました。
  4. いつ止むとも知れぬ弾丸雨注の攻撃の最中でも、ともこちゃんは生きる希望を失いませんでした。
  5. その日の無差別の弾丸雨注の砲撃は、今なお、本当に必要だったのかと批判の的になっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事