断機之戒【だんきのいましめ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
断機之戒

【読み方】
だんきのいましめ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
学問は中途で放棄してしまっては何にもならないという教え。

【語源・由来】
『列女伝』「鄒孟軻母」より。孟子が学問をしても進歩がないと言うのを聞いた孟子の母は、はた織りの糸を切り、学問を途中でやめるのは、この未完成の織物と同じだと戒めた故事から。

【類義語】
・孟母断機(もうぼだんき)


断機之戒(だんきのいましめ)の使い方

健太
√(ルート)ってなんだよ。こんなものが実生活に必要になる瞬間があるのか。もう勉強はやめだ!
ともこ
断機之戒っていうじゃないの。ここであきらめたら試合終了よ。
健太
そんなこと言ったって僕には向いていないよ。
ともこ
いつか√(ルート)を使う仕事につくかもしれないじゃないの。継続は力なりっていうでしょう?がんばりましょう。

断機之戒(だんきのいましめ)の例文

  1. 受験に失敗したからといって勉強をやめるのは愚かなこと、断機之戒を守ろう。
  2. 断機之戒というように、今勉強をやめるのは得策じゃないよ。
  3. 勉強をやめるのは簡単だけれども、断機之戒というように、今までの努力が無駄になりいずれ後悔することになるよ。
  4. 断機之戒っていうじゃない、僕は君に勉強を続けることをすすめるよ。
  5. 自分には無理と決めつけるなんて、断機之戒というように、勉強をやめるなんて愚か者のすることだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事