中原逐鹿【ちゅうげんちくろく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
中原逐鹿

【読み方】
ちゅうげんちくろく

「中原に鹿を逐う」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
群雄が割拠して天子の位を争いあうこと。また、ある地位をねらって競争するという意味にも用いる。

【語源・由来】
『史記』「淮陰侯伝」より「中原」は中国の中央であった黄河流域を指す。「鹿」は天子の位のたとえ。中国、戦国時代に天子の位を得ようとして群雄が天下を争うことを、猟師が鹿を追うのにたとえた語。

【類義語】
・中原之鹿(ちゅうげんのしか)


中原逐鹿(ちゅうげんちくろく)の使い方

健太
生徒会の選挙が告示されたね。
ともこ
そうね。おかげで中原逐鹿といった有様よね。
健太
生徒会生徒会の座を奪い合って大変なことになっているよね。
ともこ
早く選挙が終わって平和な日々が戻ってくるといいわね。

中原逐鹿(ちゅうげんちくろく)の例文

  1. 社長が急死したため、社内は中原逐鹿といった様子です。
  2. ともこちゃんに彼氏がいないことがわかり、彼女と付き合いたい人たちが中原逐鹿といった様子で争っています。
  3. 総理大臣になるために、中原逐鹿のどす黒い戦いが繰り広げられています。
  4. 健太くんは、中原逐鹿の戦いに巻き込まれることがないように存在感を消しています。
  5. 総裁選が始まり、中原逐鹿の様相を呈しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事