孟母断機【もうぼだんき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
孟母断機

【読み方】
もうぼだんき

【意味】
物事を途中でやめてしまったり、諦めてしまってはいけないという戒めの言葉。おもに学問のことを指す。

【語源・由来】
「列女伝」鄒孟軻母より。「孟母」は孟子の母親のこと。「断機」は織りかけている機の糸を途中で切ること。孟子が学問を投げ出そうとしたときに、孟子の母親は織り途中の機の糸を切断して「学問を途中でやめることは、この織物と同じようなものだ」と言って戒めたという故事から。

【類義語】
・軻親断機(かしんだんき)
・断機之戒(だんきのいましめ)

【スポンサーリンク】

孟母断機(もうぼだんき)の使い方

健太
うわー。もう無理。夏休みの宿題なんて膨大すぎて無理。
ともこ
健太くん。孟母断機よ。ここまで宿題をやったのに、放り出したらもったいないじゃないの。全部意味がなくなってしまうわよ。終わらせた膨大な宿題を眺める自分を想像してみてごらんなさいよ。
健太
うん。きっと達成感がものすごいだろうね。あきらめず頑張るよ。
ともこ
その意気よ。

孟母断機(もうぼだんき)の例文

  1. 孟母断機、あきらめたらそこで試合終了ですよ。
  2. 祖父は、飽き症の僕に、孟母断機の教えを説きました。
  3. 孟母三遷といい、孟母断機といい、孟子の母親は良き教育ママだったんですね。
  4. 孟母断機、ここでやめたら、見ることができるはずだった未来をあきらめることになりますよ。
  5. 孟母断機、やり抜く力が生きていく上で一番大切なんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事