断金之交【だんきんのまじわり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
断金之交

【読み方】
だんきんのまじわり

「だんきんのこう」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
非常に強い友情で結ばれていること。

【語源・由来】
『易経』「繋辞・上」より。二人が心を同じくすれば、金属を断ち切ることができることからいう。

【類義語】
・断金之契(だんきんのちぎり)
・断金之利(だんきんのり)
・管鮑之交(かんぽうのまじわり)
・金蘭之契(きんらんのけい)
・膠漆之交 (こうしつのまじわり)
・水魚之交(すいぎょのまじわり)
・耐久之朋(たいきゅうのとも)
・莫逆之友(ばくぎゃくのとも)
・刎頸之交(ふんけいのまじわり)


断金之交(だんきんのまじわり)の使い方

ともこ
健太くん。クラスのみんなからとても疑われているわよね。
健太
そうなんだ。誰も信じてくれないんだ。
ともこ
断金之交を結んだ私は、健太くんのことを信じているわよ。
健太
ありがとう。

断金之交(だんきんのまじわり)の例文

  1. 健太くんとは断金之交を結んだ仲、私たちの友情は永遠です。
  2. ともこちゃんんと断金之交を結んでいる健太くんは、決して彼女を裏切るようなことはしないと思います。
  3. 大人になってから断金之交を結ぶような友人と出会えるとは思いもしませんでした。
  4. 断金之交を結んだともこちゃんが、世間から後ろ指指されるようなことになろうとも、私は味方です。
  5. 健太くんとは偶然隣の席になってから、断金之交を結びました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事