男子禁制【だんしきんせい】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】
男子禁制

【読み方】
だんしきんせい

【意味】
男性の立ち入りを禁止すること。

【語源・由来】
「禁制」は、ある行為をさしとめること。またその法規。法度。

【典拠・出典】


男子禁制(だんしきんせい)の使い方

ともこ
健太くん。女子トイレは男子禁制よ。
健太
分かっているんだけど、漏れそうなんだよ。
ともこ
だめよ。男子トイレに行きなさいよ。
健太
なぜかいっぱいなんだよー。漏れちゃううよー。

男子禁制(だんしきんせい)の例文

  1. この山の神様は女神なので、男子禁制となっています。
  2. こんな話健太くんには聞かせられない、男子禁制だわ。
  3. 女風呂は男子禁制ですが、6才以下のお子様なら一緒に入ることが可能ですよ。
  4. 女性専用車両は男子禁制のはずなのに、なぜか健太くんがのっている。
  5. 女王が極度の男嫌いだったので、王宮内は男子禁制になりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索