端木辞金【たんぼくじきん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
端木辞金

【読み方】
たんぼくじきん

「端木、金を辞す」とも読む。
日本漢字能力検定
4級

【意味】
納得のいかない金は受け取らないという潔癖な態度のこと。

【語源・由来】
『蒙求』「端木辞金」より。「端木」は康氏の弟子の子貢の姓。理財家で金持ちであった。「辞金」は金を辞退するという意味。
中国春秋時代、魯の法律では、諸侯の召し使いを身請けして買い戻す場合、その代金は国から受け取るように決められていた。しかし、子貢は、このことを潔白正直な行いではないとして、公金を辞退し私費を投じて買い戻したという故事から(『孔子家語』「致思」)。


端木辞金(たんぼくじきん)の使い方

健太
ともこちゃんのお姉ちゃんは、病気で働けないんでしょう?生活保護を受けているの?
ともこ
端木辞金というように、固辞して受けていないのよ。
健太
それじゃあ生活が大変なんじゃないの?
ともこ
両親が裕福で、姉の病気が治るまで支援しているから大丈夫なの。それで姉も、困っていないのにお金を受けとるわけにはいかないって、端木辞金という態度をとっているのよ。

端木辞金(たんぼくじきん)の例文

  1. この程度の出張で公金を使うわけにはいかないからと端木辞金の態度を示しました。
  2. 税金でスイートルームに宿泊するなんて、端木辞金して自腹で支払うべきです。
  3. 人に貸しは作らないし、端木辞金、納得のいかないお金は受け取らない。
  4. 端木辞金、自分で稼いだお金しか信用しないし頼みにしない。
  5. 端木辞金といった健太くんの姿勢は好ましい印象を与えました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事