丹沢山塊【たんたくさんかい】の意味と使い方や例文

【四字熟語】
丹沢山塊

【読み方】
たんたくさんかい

【意味】
神奈川県北西部から山梨・静岡両県にまたがる山地。丹沢大山国定公園を占める。最高峰は蛭ヶ岳 (ひるがたけ) で標高1673メートル、丹沢山・塔ノ岳・大山 (おおやま) などがある。丹沢山地。

【典拠・出典】


丹沢山塊(たんたくさんかい)の使い方

ともこ
健太くん。今からどこに行くの?
健太
丹沢山塊に沈む夕日を見に行こうと思っているんだ。
ともこ
スカイツリーから見ればいいじゃないの。
健太
丹沢山塊に沈むからきれいなんだよ。

丹沢山塊(たんたくさんかい)の例文

  1. 健太くんは神奈川県に行ったときに、丹沢山塊のあたりでUFOを見た。
  2. 今日は寒い、こんな日は丹沢山塊には雪が降り積もっていることでしょう。
  3. ともこちゃんは丹沢山塊のふもとに住んでいます。
  4. 丹沢山塊に、厚い雲がかかっていた。
  5. ともこちゃんとの初登山は、丹沢山塊になりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索