漱石枕流【そうせきちんりゅう】の意味と使い方の例文(類義語・語源・英語訳)

【四字熟語】
漱石枕流

【読み方】
そうせきちんりゅう

【意味】
自分の失敗を認めずに、へりくつを並べて言い逃れをすること。
負け惜しみの強いこと。

【語源・由来】
俗世を離れて山中に隠れ住んで自由に暮らすという「枕石漱流(ちんせきそうりゅう)」を誤ってできた言葉。
「石(いし)に漱(くちすす)ぎ流(なが)れに枕(まくら)す」と訓読される。

中国西普(しんせい)の孫楚(そんそ)は、「石に枕し流れに漱ぐ」と言うべきところを、「石に漱ぎ流れに枕す」と言ってしまい、誤りを指摘されると、「石に漱ぐのは歯を磨くため、流れに枕するのは俗世でけがれた耳を洗うためだ」と、ごまかしたという故事が由来。
「世説新語(せせつしんご)」排調(はいちょう)より出典。

「夏目漱石(なつめそうせき)」の雅号「漱石」の由来とされる。

【類義語】
・枕流漱石(ちんりゅうそうせき)
・孫楚漱石(そんそそうせき)
・牽強付会(けんきょうふかい)
・指鹿為馬(しろくいば)

【英語訳】
a sore loser stubbornly refusing to admit being wrong and adhering to the far-fetched argument.

【スポンサーリンク】

漱石枕流(そうせきちんりゅう)の使い方

健太
ぼくは間違えてなんていないよ。
ともこ
健太くん、間違いは認めて直さなくてはいけないわ。
健太
いや、ともこちゃんが勘違いしたんだよ。ぼくはそんなこと言ってない。
ともこ
漱石枕流はやめなさい。

漱石枕流(そうせきちんりゅう)の例文

  1. 彼は都合が悪くなると、漱石枕流をするから困ったものだ。
  2. 妹は口が達者なだけでなく、漱石枕流だから手に余る。
  3. 漱石枕流することは、人の成長の機会を奪ってしまうことになるよ。
  4. 漱石枕流なんてしていないよ。ぼくは本当のことを言っているだけさ。

まとめ

言い間違いをしたことで、漱石枕流の由来となった孫楚には、少し気の毒な気持ちになってしまいますね。
間違いは素直に改めるように、心がけたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事