急流勇退【きゅうりゅうゆうたい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
急流勇退

【読み方】
きゅうりゅうゆうたい

日本漢字能力検定
5級

【意味】
官職などを潔く辞めること。「勇退」は勇気をもって退くという意味から、きっぱりと職を辞すること。

【語源・由来】
「邵氏聞見録」七より。船が勢いのよい流れの中で引き返すという意味から、仕事の勢いがあるときに潔く辞職することをいう言葉。


急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)の使い方

健太
国家公務員をやっていたおじいちゃんが定年退職したんだ。
ともこ
民間企業に天下りするの?
健太
天下りはしないそうだよ。若い社員に迷惑をかけたくないから、急流勇退するんだって。それに老後にやりたい趣味があるらしいよ。
ともこ
へえ。それは楽しそうね。

急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)の例文

  1. この業界に未来はないと判断したので、業績が好調なうちに急流勇退しました。
  2. 彼女は優秀なアスリートでしたが、全盛期に急流勇退して、後進に道を譲ることにしました。
  3. 急流勇退する彼の身のこなしの軽さは、見習うべきものがあります。
  4. 地位にしがみつくより、惜しまれつつ急流勇退するのが華だと思います。
  5. 急流勇退しながら、彼は着実にステップアップしていきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事