呑吐不下【どんとふげ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
呑吐不下

【読み方】
どんとふげ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
他人に何とも応答できないことのたとえ。

【語源・由来】
『虚堂録』「一」より。飲むことも吐くこともできないという意味。仏教の語。


呑吐不下(どんとふげ)の使い方

ともこ
健太くん。面接の練習はしっかりしたの?
健太
うーん。面接の練習はやっていないけれども大丈夫、なんとかなるでしょう。
ともこ
本番は緊張して呑吐不下となってしまうかもしれないわよ。甘く見ないでしっかり練習をしないとだめよ。
健太
そうだね。ともこちゃんの話を聞いていたら、だんだん不安になってきたよ。

呑吐不下(どんとふげ)の例文

  1. 突然の質問に、健太くんは呑吐不下、動揺してあわあわしていました。
  2. ともこちゃんはどんな質問にも呑吐不下とならない、面接の達人なんです。
  3. 呑吐不下という事態にならないように、各人、臨機応変、柔軟な対応をできるようにしておいてください。
  4. 正直者の健太くんは、本当のことは言えない、でも嘘はつけないという状況の中で呑吐不下といった様子でした。
  5. 呑吐不下、予想外の質問に何と答えていいのかわかりませんでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事