三顧之礼【さんこのれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
三顧之礼

【読み方】
さんこのれい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
真心から礼儀を尽くして、すぐれた人材を招くこと。また、目上の人が、ある人物を信任して手厚く迎えること。

「顧」は訪ねる、訪れること。

【語源・由来】
諸葛亮「前出師表」より。中国三国時代、蜀の劉備が、わびずまいの諸葛亮(孔明)を訪ねたが、なかなか会えず、三度目にやっと面会できた。二人は胸中を語り合って感激し、劉備は孔明を軍師として迎えることができた故事から。

【類義語】
・三徴七辟(さんちょうしちへき)
・草廬三顧(そうろさんこ)


三顧之礼(さんこのれい)の使い方

ともこ
健太くんが通っている空手教室に新しい先生が来たんですって?
健太
そうなんだ。有名な先生を三顧之礼をもって迎えたんだよ。
ともこ
へえ。そんなに有名な先生なの?
健太
空手会の世界的なスターだよ。

三顧之礼(さんこのれい)の例文

  1. ゴッドハンドを持つという名医を三顧之礼で手厚く迎えた。
  2. 三顧之礼を尽くして、高名な先生を迎え入れた。
  3. 新進気鋭の作家である健太くんに、編集者は三顧之礼をとった。
  4. ともこちゃんは、三顧之礼を尽くしても迎え入れなければならない人材だ。
  5. 学生時代に偉大な実績のある健太くんは、卒業後、大企業に三顧之礼で迎えられた。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事