疾風怒濤【しっぷうどとう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
疾風怒濤

【読み方】
しっぷうどとう

【意味】
時代や社会の状況が激しく変化することのたとえ。
時代や事態が激しく変化するさまのたとえ。

【語源由来】
「疾風」は強く速い風、激しい風のことで、「怒濤」は荒れ狂い逆巻く波、うねり逆巻く大波のことを意味します。

【類義語】
疾風迅雷(しっぷうじんらい)
紫電一閃(しでんいっせん)
迅速果敢(じんそくかかん)
迅速果断(じんそくかだん)
迅雷風烈(じんらいふうれつ)
電光石火(でんこうせっか)
狂瀾怒濤(きょうらんどとう)
破竹之勢(はちくのいきおい)
光芒一閃(こうぼういっせん)

【対義語】

【英語訳】
storm and urge
like the wind
storm and stress
sturm und drang


疾風怒濤(しっぷうどとう)の使い方

ともこ
インターネットが出現してから、生活は一変したって良く聞くよね。
健太
うん、うちの家庭もインターネットで買物することが増えてきたよ。
ともこ
まさにインターネットは疾風怒濤の如く、世の中を変えてきたよね。
健太
これからも新しい技術やサービスがでてくることを期待したいね。

疾風怒濤(しっぷうどとう)の例文

  1. その軍隊は疾風怒濤のごとく押し寄せてきた。
  2. 一気にその革命的文学の波が押し寄せてきた。まさに疾風怒濤の時代であった。
  3. そのサッカー日本代表の疾風怒濤の攻撃に、熱狂した観客は総立ちになった。
  4. その軍団はアジアからヨーロッパを疾風怒濤の勢いで攻め、壮大な土地を収めるまでに至った。
  5. 疾風怒濤の如く、市場を席巻する画期的な製品となった。

まとめ

「疾風怒濤」はドイツ語「シュトルム‐ウント‐ドラング」(Sturm und Drang)の訳で、十八世紀後半ゲーテやシラーらを中心に展開された文学革新運動の訳語にも使われています。
ドイツ語での本来の意味は「嵐と衝動」で、後のロマン主義に繋がる時代を指し、人間の内面に迫る新たな潮流を生み出したことから、現在では転じて、時代が激しく変化することに対して使われる熟語となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事