黄茅白葦【こうぼうはくい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
黄茅白葦

【読み方】
こうぼうはくい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
黄色のちがやと白のあし。やせた土地の形容。

【語源・由来】
蘇軾「答張文潜県丞書」より。「茅」はちがや、イネ科の多年草で屋根を葺くのに用いる。「葦」は植物のあしのことで、イネ科の多年草。

【類義語】
・荒瘠斥鹵(こうせきせきろ)

【スポンサーリンク】

黄茅白葦(こうぼうはくい)の使い方

健太
この暑い日差しの下で草むしりなんて、過酷だねえ。
ともこ
本当に。運動場は黄茅白葦なのに、草が生えるんだからすごい生命力よね。
健太
踏みつぶしてもまた生えてくるし、この炎天下でも枯れないなんて尊敬してしまうよ。
ともこ
でもいくら敬意を払ったとしても、今はむしり取らないとね。

黄茅白葦(こうぼうはくい)の例文

  1. 兄はいい土地をすべて持って行き、僕が相続した土地は黄茅白葦でした。
  2. 貯水池を作り、長い年月をかけて、黄茅白葦を豊かな土地に変えました。
  3. 黄茅白葦を農作に適した土地にして、食糧難を解決するために、木を植え続けています。
  4. 過疎化が進み、放棄された田畑は黄茅白葦になってしまいました。
  5. 黄茅白葦に腐葉土を入れて、野菜が育つ土に変えていきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事