永字八法【えいじはっぽう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
永字八法

【読み方】
えいじはっぽう

日本漢字能力検定
5級

【意味】
「永」の一字にふくまれる、すべての漢字に共通した八種の基本的な筆づかい。
「八法」は書法における用筆の八つの法で、側(そく)・勒(ろく)・怒(ど)・趯(てき)・策(さく)・掠(りゃく)・啄(たく)・磔(たく)のこと。

「八法」を「八方」と書き誤らないように注意しましょう。

【語源・由来】
書法伝授法の一つ。
「永」の一字に楷書(かいしょ)の基本である八種の点画が含まれているとして、「永」の字を用いてその用筆法を示したもの。
長く書の教えとされてきた。

【類義語】
・書法筆法(しょほうひっぽう)
・布置章法(ふちしょうほう)

【英語訳】
the eight basic brush strokes in writing characters

【スポンサーリンク】

永字八法(えいじはっぽう)の使い方

ともこ
書道を習い始めたんですって?
健太
そうなんだ! まだ始めたばかりでなかなか上達しないけどね。
ともこ
永字八法と言って、「永」の字を何回も練習していると上達するらしいわよ。
健太
ありがとう! やってみるよ!

永字八法(えいじはっぽう)の例文

  1. 先生に言われるままに、永字八法を習得したが、まだ自分の満足する文字はかけていない。
  2. 「永」の文字を丁寧に書いていると、書道における筆づかいの基本が学べる。
    永字八法が書道の基本と言われる所以(ゆえん)だなあ。
  3. 君も書道をたしなんでいるなら、永字八法という名称のついた筆づかいは知っているだろう?
  4. 天地創造という四字熟語の文字には、永字八法の技法が多く入っている。
  5. 永字八法を学べばすべての書法が身に着くわけではない。この筆づかいが基本中の基本であり、ここからスタートなのである。
  6. 書道教室で「永」という字を何回も書かされた記憶がある。あれが永字八法だったと分かったのは、大人になった最近になってからだ。

まとめ

パソコンやスマートホンが発展している現代において、文字を書くという作業自体が少なくなってきている。
しかしながら、文字を書くという行為は記憶を活性化させるとともに、気持ちを落ち着けるという効果もある。
そして、どうせ書くならきれいな文字を書きたい。
「永」という一文字に筆法の基本が入っていると気づき、永字八法と定義したのは中国後漢の書家である。
奥が深い一文字だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事