深慮遠謀【しんりょえんぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
深慮遠謀

【読み方】
しんりょえんぼう

日本漢字能力検定
3級

【意味】
深く考え将来のことまで見通して計画を立てること。また、その計画。

【語源・由来】
賈誼の「過秦論」より。

【類義語】
・遠謀深慮(えんぼうしんりょ)
・深謀遠慮(しんぼうえんりょ)


深慮遠謀(しんりょえんぼう)の使い方

健太
ともこちゃんは将来何になりたいの?
ともこ
学校の先生になりたいの。そのために幼稚園の頃からピアノを習っているのよ。
健太
へえ。ともこちゃんは深慮遠謀に長けているんだね。幼稚園の頃から将来を見据えて準備をしているなんて、僕にはまねできないよ。
ともこ
今はまだ夢の途中、夢がかなったら大いにほめてね。

深慮遠謀(しんりょえんぼう)の例文

  1. 健太くんは、生徒会役員選挙を見据えて、深慮遠謀し、根回しを怠りません。
  2. 深慮遠謀して計画を立てないと、将来の子子孫孫に問題を先送りすることになります。
  3. ともこちゃんだけ深慮遠謀していたようで、みんながあれがないとだめなんだと気がついた時、「あるわよ。」とおもむろにカバンからそれを取り出したのです。
  4. 深慮遠謀に長けているお母さんは、老後の資金は蓄えているから、心配しないでいいわよと笑っていました。
  5. 将来の災害を想定し、深慮遠謀して新しい町づくりをしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事