偃鼠飲河【えんそいんが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
偃鼠飲河

【読み方】
えんそいんが

【意味】
人の欲望は、その人の分に応じたもので満足するべきであるということのたとえ。分を弁えるべきであるという教え。「偃鼠河を飲む」とも読む。

【語源・由来】
「荘子」逍遥遊より。「偃鼠」は動物のもぐら。または、動物のどぶねずみ。もぐらが河の水をどれだけ飲んでも、もぐらの小さな腹を満たす程度でしかないということから。中国の聖天子の尭帝が許由に天下を譲ろうとした時に、許由は能力も才能もなければ、今の生活に満足もしていると言って断ったという故事から。

【類義語】
・飲河之願(いんかのねがい)
・飲河満腹(いんかまんぷく)


偃鼠飲河(えんそいんが)の使い方

ともこ
今年も8月15日、平和を祈る日がきたわね。
健太
どうしたら、世の中から戦争が無くなるのかな?
ともこ
偃鼠飲河、足るを知ればいいのよ。みんな、欲求のままにもっと豊かにもっと便利にって思うから、少ない資源を奪い合うことになるんだもの。
健太
そうだね。自分の目の前にある幸せだけを大事にしていたら、みんな楽しく生きることが出来るかもしれないね。

偃鼠飲河(えんそいんが)の例文

  1. 偃鼠飲河というように、身の丈に合った暮らしをしないと破滅しますよ。
  2. 偃鼠飲河、分相応以上のことを望んではいけません。
  3. 社長の座を譲ろうと言われたけれども、偃鼠飲河、僕にはふさわしくないと言って断りました。
  4. 私は幸せで、偃鼠飲河、これ以上のものを望もうとは思いません。
  5. 神様から金の斧を渡されましたが、偃鼠飲河、僕は鉄の斧でいいと言いました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事