鼠牙雀角【そがじゃっかく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
鼠牙雀角

【読み方】
そがじゃっかく

【意味】
訴訟のこと。

【語源・由来】
「詩経」召南・行露より。「鼠牙」は動物の鼠の牙。「雀角」は鳥の雀のくちばし。鼠や雀が壁や塀に穴を空けて家を壊すように、訴訟は家庭を壊すということから。

【類義語】
・雀角鼠牙(じゃっかくそが)


鼠牙雀角(そがじゃっかく)の使い方

健太
あの会社のお家騒動が、親子の鼠牙雀角に発展して会社の業績にまで影響を及ぼしているね。
ともこ
ええ。残念よね。あそこの会社の家具が好きだったのに。
健太
うん。高いけど使い捨てじゃない良いものを売っていたよね。
ともこ
企業のイメージが回復して業績が上向くと良いわね。

鼠牙雀角(そがじゃっかく)の例文

  1. 鼠牙雀角にならないように、子供たちには遺言状を残しておきます。
  2. 離婚することになり、子供の親権を争って、鼠牙雀角になりました。
  3. 鼠牙雀角ということになると、お金も時間もかかって、体力が奪われます。
  4. 鼠牙雀角のために腕の良い弁護士を紹介してもらいました。
  5. 週刊誌に事実無根のことを書かれたのですが、さすがに無視できるような内容ではなかったので、鼠牙雀角を起こします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事