画脂鏤氷【がしろうひょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
画脂鏤氷

【読み方】
がしろうひょう

「かくしろうひょう」とも読む。

【意味】
中身がないのに、表面を飾っても無駄というたとえ。
また、努力しても効果がないということ。
無用なところに力を用いること。

【語源・由来】
「脂」とは、あぶらのこと。
「鏤」とは、彫る、刻みつけるということ。

あぶらに画(か)き、氷に彫刻するということから。「脂(あぶら)に画(えが)き氷に鏤(ちりば)む」と訓読する。

「塩鉄論(えんてつろん)」殊路(しゅろ)より出典。
「内にその質無くして外にその文を学は、賢師良友有りといえども、脂に画きて氷に鏤むがごとく、日を費やし功を損す」

【類義語】
・凋氷画脂(ちょうひょうがし)
・鏤氷雕朽(ろうひょうちょうきゅう)
・鏤氷描水(ろうひょうびょうすい)

【スポンサーリンク】

画脂鏤氷(がしろうひょう)の使い方

健太
やあ、ともこちゃん。ぼくの新しいパソコンを見に来ないかい?
ともこ
また新しいパソコンを買ってもらったの?
健太
そうなんだ。やっぱり、最新の機能が搭載されていないと使いにくいだろう。
ともこ
健太くんは画脂鏤氷よ。基本的な使い方もできないのに、新しいパソコンに買い替えてばかりいるのね。

画脂鏤氷(がしろうひょう)の例文

  1. 彼は身につけるものは、すべて流行の最先端だといっているけれど、画脂鏤氷だと思う。
  2. 兄はインテリアにこだわっていて、家具はすべてオーダーメイドしている。しかし、部屋がゴミだらけで掃除もしないものだから、画脂鏤氷だろう。
  3. 彼女なりに努力しているのはわかるけれど、画脂鏤氷ということに本人は気づいていないのだろう。
  4. 彼は画脂鏤氷ばかりしているから、本来必要なところに力を発揮できない。

まとめ

画脂鏤氷というように、中身がないのに表面だけ飾るようなことはしたくないですね。
また、努力をしても効果がないということにならないように、効果的な方法についてもしっかり考えたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事