遏悪揚善【あつあくようぜん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】
遏悪揚善

【読み方】
あつあくようぜん

【意味】
悪事を禁じて、善行をすすめること。

【典拠・出典】
易経』「大有」

【類義語】
勧善懲悪(かんぜんちょうあく)
激濁揚清(げきだくようせい)
揚清激濁(ようせいげきだく)


遏悪揚善(あつあくようぜん)の使い方

健太
電車の中で、喧嘩している二人がいたんだけど、止めに入った勇気ある青年が居たよ。
ともこ
へえ。遏悪揚善の心を持った若者がまだまだいるのね。
健太
うん。見て見ぬふりをしている大人たちばかりだったのに、偉いよね。
ともこ
悪いことは悪いと言える青年が増えると良いわね。

遏悪揚善(あつあくようぜん)の例文

  1. 遏悪揚善、他人が困っている時には迷わず助けましょう。
  2. 遏悪揚善、誰かが悪事をはたらいていたら、加担しないで止めましょう。
  3. 父は、遏悪揚善の人で、良いことをするとおもちゃを買ってくれるくらいほめてくれるが、悪いことをすると虐待を疑われるほど怒る。
  4. 新しい担任の先生は、徹底して遏悪揚善を貫いています。
  5. 祖母が、遏悪揚善という方針で教育をしたため、私は正義感が強くなり警察官になりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索