傾国美女【けいこくのびじょ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
傾国美女

【読み方】
けいこくのびじょ

【意味】
絶世の美女のこと。

【語源・由来】
「傾国」は、国を傾けること。君主の心をまどわし、その色香に溺れて国政を忘れてしまうほどの美女という意から。

【典拠・出典】
漢書』「外戚伝」

【類義語】
一顧傾城(いっこけいせい)
・傾国美人(けいこく(の)びじん)
傾城傾国(けいせいけいこく)
曼理皓歯(まんりこうし)
容姿端麗(ようしたんれい)


傾国美女(けいこくのびじょ)の使い方

健太
ともこちゃんは、傾国美女になりかねないほどきれいだよね。
ともこ
ええっ。そんなことないわよ。私は、国が滅びない様に、王様と結婚したら、陰で政治を操るわよ。
健太
ああ、本当にやりそうだ。
ともこ
国を救った美女として、歴史に名を残すの!

傾国美女(けいこくのびじょ)の例文

  1. 傾国美女として一番有名なのは、楊貴妃です。
  2. ともこちゃんが入社してから社長は仕事が手につかないようで、傾国美女とは彼女のことです。
  3. 万葉集に出てくる額田王は、傾国美女だったそうです。
  4. 夏の傑王を滅びの道へと導いた妹喜は傾国美女といえます。
  5. ともこちゃんと結婚したら、美しすぎて仕事に行きたくなくなるだろうから傾国美女だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索