言易行難【げんいこうなん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
言易行難

【読み方】
げんいこうなん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
言うだけなら簡単だが、実際に行うことは難しいということ。「言うは易し行うは難し」の形で用いることが多い言葉。

【語源・由来】
「塩鉄論」利議より。


言易行難(げんいこうなん)の使い方

ともこ
健太くん。あけましておめでとう。今年の抱負は何にしたの?
健太
あけましておめでとう。ともこちゃん。今年はテストで100点満点をとるぞ!
ともこ
本当に?いつも0点なのにそんなことできるの?
健太
言易行難になるだろうね。

言易行難(げんいこうなん)の例文

  1. 健太くんは壮大な計画を立てておいて、言易行難というように、計画の途中で、こんなのできないと放り出して逃げました。
  2. 言易行難、選挙の公約を守った政治家って存在するんですか?
  3. 言易行難、明日から早起きしてジョギングをして、国際マラソンに出るといったのは誰でしたっけ?
  4. 毎日散歩をするからこの犬を飼いたいって?言易行難、きっと三日坊主になって、私が散歩することになると思うんだよね。
  5. ともこちゃんに、言易行難と言われたくないので、自分の弱い心と戦いながら、毎日トレーニングを頑張りました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事