兼愛無私【けんあいむし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
兼愛無私

【読み方】
けんあいむし

日本漢字能力検定
4級

【意味】
自他の区別なく、広く人を愛して区別がないこと。中国戦国時代の墨子の思想。

【語源・由来】
「荘子」天道より。

【類義語】
・一視同仁(いっしどうじん)
・怨親平等(おんしんびょうどう)


兼愛無私(けんあいむし)の使い方

ともこ
健太くんの空手の先生はどんな先生なの?
健太
兼愛無私で空手の能力に関わらず、生徒を平等に可愛がってくれるいい先生だよ。
ともこ
へえ。じゃあ、みんな空手も先生もどちらも好きなんでしょうね。
健太
そうだね。先生の指導を受けて空手が嫌いになる子なんていないよ。

兼愛無私(けんあいむし)の例文

  1. 健太くんは女の子からとてももてるのですが、兼愛無私の精神で誰とも付き合わないそうです。
  2. 父は医師として、兼愛無私の精神で、休みなく患者さんのために働き続けました。
  3. 教員採用試験に受かった日から、私は、兼愛無私を胸に教壇に立つことにしています。
  4. 上司は可愛い女子社員に贔屓をするので、兼愛無私と書いた付箋を机に貼っておきました。
  5. 神様は、兼愛無私の精神で私たち人間を見守っていらっしゃいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



四字熟語の逆引き検索