元気溌剌【げんきはつらつ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
元気溌剌

【読み方】
げんきはつらつ

【意味】
体に活力がみなぎって生き生きとしているようす。

「元気」は、心身の活動の根本の気力。また、その気力の盛んなこと。「溌溂」は、魚が勢いよく跳びはねるようす。転じて、生き生きとしているようす。「溌」は、水がはねる。

【類義語】
・生気溌溂(せいきはつらつ)


元気溌剌(げんきはつらつ)の使い方

ともこ
健太くんのおばあちゃんは元気溌剌よね。
健太
そうだね。よく、こんな元気溌剌なおばあちゃんは見たことがないって言われるよ。
ともこ
元気溌剌に秘訣があるの?
健太
おばあちゃんは多趣味だから、趣味や生きがいがあるといいんじゃないかな。

元気溌剌(げんきはつらつ)の例文

  1. ともこちゃんは小さいころ、元気溌剌でお転婆な子だった。
  2. 健太くんは元気溌剌すぎるから、マンションより庭のある一戸建ての方がいいでしょう。
  3. 入場行進は元気溌剌としていてほほえましいものでした。
  4. 働いて自立している女性は元気溌剌としている。
  5. 元気溌剌としている健太くんは、あまり悩みがなさそうだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事