懸軍万里【けんぐんばんり】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
懸軍万里

【読み方】
けんぐんばんり

【意味】
軍隊が根拠地や本体を遠く離れて、遠地に軍兵を進めること。また、後方の連絡のないままに奥深く入り込むこと。

「懸軍」は、根拠地や本体を離れて、遠地や敵地の奥深く軍隊を進めること。「万里」は、極めて長い距離。

【類義語】
・遠御長駕(えんぎょちょうが)
・懸軍長駆(けんぐんちょうく)
・転戦千里(てんせんせんり)


懸軍万里(けんぐんばんり)の使い方

ともこ
携帯電話が無かったころの懸軍万里は、苦難の連続だったでしょうね。
健太
本隊と離れて不安だったろうね。
ともこ
決死の覚悟だったのかしら?
健太
今とは、一人一人の命の重みが違ったんだろうね。

懸軍万里(けんぐんばんり)の例文

  • 懸軍万里の苦難を知っていたら、豊臣秀吉は朝鮮に派兵しなかっただろう。
  • 奮戦力闘、懸軍万里して功績をあげた。
  • 上洛しようと懸軍万里した。
  • 懸軍万里の道は険しく、誰も生きて戻ることはできなかった。
  • 偵察に行かせた隊が懸軍万里となってしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事