瓊枝栴檀【けいしせんだん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
瓊枝栴檀

【読み方】
けいしせんだん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
徳のある人のこと。または、すばらしい詩文のたとえ。

【語源・由来】
「瓊枝」は玉を生み出すという木。「栴檀」は白檀という名前の香木の別名のこと。


瓊枝栴檀(けいしせんだん)の使い方

健太
ともこちゃん、夏休みの宿題の詩は、もうできたの?
ともこ
ええ、もうできているわよ。
健太
へえ。見せてよ。うわあ。これは瓊枝栴檀だね。これなら入賞間違いないね。
ともこ
本当に?今回は、商品が図書券三万円分だから、絶対入賞したいと思っているの。入賞できたらいいな。

瓊枝栴檀(けいしせんだん)の例文

  1. この作家の作品は、瓊枝栴檀、近年まれに見る美しい日本語で書かれた傑作です。
  2. ともこちゃんは、成績優秀なだけではなく、人格的にも優れた瓊枝栴檀な女性なのでとても人気があります。
  3. 健太くんは、瓊枝栴檀な男性なので、一緒にいると何だか安心できるし頼りがいがあります。
  4. 健太くんは、発展途上国に自ら赴き、せっせと井戸を掘っている瓊枝栴檀な人です。
  5. ともこちゃんが書く文章は、瓊枝栴檀で、宣伝しなくても自然と口コミで広がり、ロングセラーになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事