鶏皮鶴髪【けいひかくはつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鶏皮鶴髪

「鷄皮鶴髪」とも書く。

【読み方】
けいひかくはつ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
老人のたとえ。また、年をとって容姿が衰えたさま。 「鶏皮」は、皮膚が鶏の皮のように張りを失ったさま。「鶴髪」は、鶴の羽のように髪が真っ白になったさま。

【語源・由来】
唐玄宗「傀儡吟」より。


鶏皮鶴髪(けいひかくはつ)の例文

健太
僕のおじいちゃんは、若いころは相当モテたらしいけど、もう鶏皮鶴髪なんだよね。
ともこ
健太くんのおじいちゃんは、鶏皮鶴髪になってもどこかチャーミングで良いと思うわ。
健太
そうかな?僕も年を取ったら、おじいちゃんみたいなチャーミングなおじいちゃんになるかな?
ともこ
健太くんは、がんこなおじいさんになりそう。

鶏皮鶴髪(けいひかくはつ)の使い方

  1. 一世を風靡した女優も、老化には勝てないらしく、鶏皮鶴髪となっていました。
  2. 鶏皮鶴髪でもあの人は見事な銀髪で美しいと思います。
  3. 浦島太郎は、玉手箱を開けた途端、真っ白の煙に包まれ、鶏皮鶴髪となりました。
  4. 祖母は、鶏皮鶴髪となっても若者のような恋心は忘れなかったようです。
  5. 健太くんのおじいちゃんは、鶏皮鶴髪となっても、頭は矍鑠(かくしゃく)としていて、健太くんより計算が早かったです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事