月中蟾蜍【げっちゅうのせんじょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
月中蟾蜍

【読み方】
げっちゅうのせんじょ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
月に住んでいるといわれる伝説上のひきがえるのこと。

【語源・由来】
「淮南子」精神訓より。古代中国の英雄が不老不死の薬を得たが、それを英雄の妻が盗み、月に逃げてひきがえるになったという伝説から。


月中蟾蜍(げっちゅうのせんじょ)の使い方

ともこ
健太くん。そのヒキガエルをいじめてはいけないわ。
健太
どうして?
ともこ
月中蟾蜍と言って、月にはヒキガエルが住んでいると言われているのよ。そのヒキガエルをいじめたことで、もし干ばつが起こったらどうしてくれるのよ。
健太
月にいるのはウサギじゃないの?

月中蟾蜍(げっちゅうのせんじょ)の例文

  1. 月中蟾蜍、今日はきれいな満月だからヒキガエルが見えるかもしれません。
  2. アポロ11号が月面に降り立った時、彼らは、月中蟾蜍ヒキガエルを見たのでしょうか?
  3. 健太くんが、急に猛勉強を始めたので理由を聞いたら、月中蟾蜍、ヒキガエルを見るために宇宙飛行士になるんだと言っていました。
  4. 中国では月中蟾蜍、月には本を読む女性がいるという国もありますよ。
  5. 日本から月を見るとウサギに見えるけれども、中国から月を見たら、月中蟾蜍、ヒキガエルが見えるのかしら。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事