年功序列【ねんこうじょれつ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
年功序列

【読み方】
ねんこうじょれつ

【意味】
官公庁や企業などにおいて勤続年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度・慣習のシステム。 アメリカの経営学者であるジェイムズ・アベグレンが1958年の著書『日本の経営 I』において終身雇用や企業内労働組合とともに「日本的経営」の特徴として欧米に紹介した。

【類義語】
・年功加俸(ねんこうかほう)


年功序列(ねんこうじょれつ)の使い方

健太
日本には年功序列制度があるからいいよね。
ともこ
まあ、健太くんみたいな怠け者でも長く勤めれば給料が上がっていくんだから、良い制度でしょうね。でも、これからは能力給のところが増えていくんじゃないかしら。
健太
ええっ。そんなの困るよ。
ともこ
情けないことを言っていると、AIに仕事を取られて、年功序列どころじゃなくなるわよ。

年功序列(ねんこうじょれつ)の使い方

  1. 彼が僕より給料が良いのは、年功序列のせいだけではない気がする。
  2. 今回の人事の候補は三人いたのだけれども、最終的には年功序列で決めました。
  3. 我が家の飼い犬のジョンの尻尾の振り方を観察していたら、まさに年功序列で父に対して一番敬意を払った振り方をしていました。
  4. 年功序列で穏やかに出世して退職する予定が、派閥争いに巻き込まれ、リストラされてしまいました。
  5. 勝負の世界は年功序列ではない、実力が全てです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事