捧腹大笑【ほうふくたいしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
捧腹大笑

【読み方】
ほうふくたいしょう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
腹を抱えて大笑いすること。

【語源・由来】
『史記』「日者伝」に「腹を棒えて大笑す」とあるのにもとづく。「捧腹」は腹をかかえて笑うこと。

【類義語】
・破顔大笑(はがんたいしょう)
・呵呵大笑(かかたいしょう)
・捧腹絶倒(ほうふくぜっとう)


捧腹大笑(ほうふくたいしょう)の使い方

ともこ
健太くん。まだ思い出し笑いをしているの?
健太
だって。さっきの映画、捧腹大笑だったよね。
ともこ
とてもおもしろかったわよね。
健太
この心の奥底から湧き出してくる笑いは、しばらく収まりそうにないよ。

捧腹大笑(ほうふくたいしょう)の例文

  1. 老若男女問わず、彼らのライブを見た人は捧腹大笑すること間違いなしです。
  2. 仕事で疲れた日には、お笑いライブのビデオを見て捧腹大笑するとストレス発散できます。
  3. いつもクールなので、捧腹大笑するともこちゃんの姿を見るのは初めてで新鮮でした。
  4. 捧腹大笑した後は腹筋が痛くなります。
  5. こんなに捧腹大笑する番組は今までなかった、画期的な番組をありがとうとテレビに向かって感謝してしまいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事