蓋瓦級甎【がいがきゅうせん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
蓋瓦級甎

【読み方】
がいがきゅうせん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
屋根の瓦と階段の敷き瓦のこと。「蓋」はおおうこと。「級」は階段・きざはし、甎は敷き瓦の意。

【語源・由来】
「韓愈」の文より。


蓋瓦級甎(がいがきゅうせん)の使い方

健太
この家はとてもおしゃれだね。思わず立ち止まって見てしまうよね。
ともこ
そうね。蓋瓦級甎にまでこだわりが見えるわね。
健太
瓦を使った家って最近見ないけど、これは相当おしゃれな家だよね。
ともこ
そうね。この家を見たら、蓋瓦級甎を使用した和風の家を建てたくなるわよね。私が家を建てる時のために、建築士さんの名前を聞いておこうかしら。

蓋瓦級甎(がいがきゅうせん)の例文

  1. この蓋瓦級甎は、防寒性と耐久性に優れています。
  2. 蓋瓦級甎は、こちらの売り場にたくさん揃えてございます。
  3. 蓋瓦級甎の風合いが大好きなのだけれども、割れやすいのが難である。
  4. 蓋瓦級甎は、和の風雅な雰囲気を出してくれます。
  5. 蓋瓦級甎は、経年劣化による色味の変化がありますが、それも味だと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事