義勇任侠【ぎゆうにんきょう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
義勇任侠

【読み方】
ぎゆうにんきょう

【意味】
忠義と、勇気と、おとこぎ。

「義勇」は、正義の心から発する勇気。忠義と勇気。「任侠」は、おとこだて。おとこぎ。

【類義語】
・義理人情(ぎりにんじょう)


義勇任侠(ぎゆうにんきょう)の使い方

ともこ
健太くんは、男子生徒からの人気が絶大ね。
健太
そうなんだよ。健太、健太って頼られちゃって困るんだよね。
ともこ
義勇任侠に厚いからかしらね。でも、女子からは全然モテないのはなぜなのかしらね。
健太
僕がなぜだか知りたいよ。

義勇任侠(ぎゆうにんきょう)の例文

  1. 日本では、義勇任侠の精神が尊ばれる。
  2. 義勇任侠に厚い健太くんが、困っている君を放っておくわけがない。
  3. 健太くんは、一貫して義勇任侠の人なので、他人を貶めたり裏切ったりしない。
  4. 昭和から時代が変遷し、令和になり、義勇任侠のようなおとこぎのある人間が減ってきている。
  5. ともこちゃんは、義勇任侠の心を持つ健太くんを男らしいと感じている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事