弓馬槍剣【きゅうばそうけん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
弓馬槍剣

【読み方】
きゅうばそうけん

【意味】
弓術・馬術・槍術・剣術。広く、武芸一般。

「弓」は、弓術。「馬」は、馬術。「槍」は、槍術。「剣」は、剣術。

【類義語】
・干戈弓馬(かんかきゅうば)
・弓馬刀槍(きゅうばとうそう)
・車馬剣戟(しゃばけんげき)
・刀槍矛戟(とうそうぼうげき)
・砲刃矢石(ほうじんしせき)


弓馬槍剣(きゅうばそうけん)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんは、弓道部で全国優勝しているのよね。
健太
弓道だけじゃないんだよ。弓馬槍剣すべてが得意なんだよ。
ともこ
へえ。戦国武将みたいね。
健太
世が世なら、天下統一を成し遂げてるかもね。

弓馬槍剣(きゅうばそうけん)の例文

  1. 健太くんは、弓馬槍剣、すべてに長けている武士のような子だ。
  2. 弓馬槍剣が不得手だと、戦国時代を生き残ることはできなかった。
  3. 健太くんは、勉強は苦手だけれども、身体を動かすことは得意で、弓馬槍剣ならだれにも負けない。
  4. 弓馬槍剣が得意な健太くんは、普段の姿勢が素晴らしく良い。
  5. ともこちゃんは、弓馬槍剣のすべてを習い事にしている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事