三綱五常【さんこうごじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
三綱五常

【読み方】
さんこうごじょう

日本漢字能力検定
3級

【意味】
三つの根本的な道徳と常に行うべき五つの道のこと。

【語源・由来】
『白虎通義』より。「三綱」は君臣・父子・夫妻のそれぞれの関係の道徳のこと。「五常」は仁、義、礼、智、信の五つの道義をいう。


三綱五常(さんこうごじょう)の使い方

健太
今日の道徳の時間に三綱五常を大切にするようにって言われたよ。
ともこ
日本では古くから大切にされてきた思想よね。
健太
でも最近三綱五常を忘れてしまっている人たちが多くなったよね。
ともこ
日本は今、岐路に立っているのかもしれないわね。

三綱五常(さんこうごじょう)の例文

  1. 国民が三綱五常を守れば、裁判所の仕事はなくなってしまい平和な国になるでしょう。
  2. また芸能人の不倫のニュースか、彼らは三綱五常という考えを知らないのかね。
  3. 三綱五常は古いという人もいるけれども、三綱五常を守るということは、人間らしさを守ることだと思います。
  4. 生徒には、三綱五常の大切さ、他者を敬い思いやる心を重点的に教えるようにしています。
  5. ともこちゃんは、今時珍しく三綱五常を大切にしているすてきな女の子です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事