五蘊皆空【ごうんかいくう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
五蘊皆空

【読み方】
ごうんかいくう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
仏教で、人間界の存在や現象は、一切空であるということ。

【語源・由来】
『般若心経』より。「五蘊」は人間を形成する五つの要素のこと。色(肉体)、受(感覚)、想(想像)、行(意志)、識(判断)。

【類義語】
・一切皆空(いっさいかいくう)
・色即是空(しきそくぜくう)

【スポンサーリンク】

五蘊皆空(ごうんかいくう)の使い方

健太
ともこちゃん。このドレス、何色に見える?
ともこ
青と黒に見えるわ。それがどうしたの?
健太
僕には白と金色に見えるんだよ。同じドレスの写真なのに、人種や性別によって見え方が異なるんだって。世の中の物事はすべて五蘊皆空だよね。
ともこ
そうね。これが正解ってことはないのかもしれないわね。

五蘊皆空(ごうんかいくう)の例文

  1. 私もあなたも空なる存在、五蘊皆空なんだから美醜なんて誰にも判断できないんです。
  2. 自分の悩みは自分の脳が作りだしただけのものかもしれない、五蘊皆空の境地で悩みなんて捨ててしまいなよ。
  3. 五蘊皆空というように、この絵を見た時のイメージは見た人の心の中で様々な形になる。
  4. 五蘊皆空の境地で、「リンゴ」ではない概念としての「リンゴ」を描いたらすごい絵が描ける気がする。
  5. 昨日、ともこちゃんとご飯を食べたのだけれども、これも五蘊皆空でいうと、食べるというイメージで捉えているだけのことなのだろうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事