千載一遇【せんざいいちぐう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
千載一遇

【読み方】
せんざいいちぐう

「せんさい」と読まないように気をつけよう

【意味】
「千載」は千年のこと。千年に一度巡り会えるか会えないような、めったにない良い機会

【由来】
文選(もんぜん)の内、袁宏の「三国名臣序賛」に「千載一遇、賢聖之憙会」とある。
文選とは、中国の周から梁に至る千年間の文章、詩賦などを細目に分けて編纂した書のこと。

【類義語】
盲亀浮木(もうきふぼく)
空前絶後(くうぜんぜつご)

【対義語】

【英語訳】
a golden rare opportunity
a chance of a lifetime
a thing happen once in a lifetime

例文
これは千載一遇のことだ。
Such a good thing will rarely repeat itself.
【スポンサーリンク】

千載一遇(せんざいいちぐう)の使い方

ともこ
おめでとう!今度の芝居の主役に抜擢されたって?
健太
ありがとう!そうなんだよ、苦節…何年だろう?やっと俺にも運が向いてきたんだ。
ともこ
ずっと頑張ってきたものね。初日には花束持って駆けつけるからね。しっかりやるのよ!
健太
おう!千載一遇のチャンスだ、絶対ものにしてやるさ。

千載一遇(せんざいいちぐう)の例文

  1. 何を迷っているんだ、このような千載一遇のチャンスはまたとないことなのに。
  2. あれに見えるは父の仇、神仏は我に味方しているのだ。千載一遇のこの機会、逃してなるものか。
  3. 思い返してみればあの時、一歩踏み出す勇気がなかったことが今のこの状態の原因なのだろう。千載一遇のチャンスを逃してしまったんだ。

まとめ

チャンスの女神には前髪しかないといいます。通り過ぎてしまえば、もう掴むことができないのです。チャンスの女神が現れたなら、すぐに気づいて掴むことができるよう、常日頃から準備をしておくようにということなのですね。特に、一生に一度あるかないかの千載一遇のチャンスは、しっかりと掴みたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事