踊躍歓喜【ゆやくかんぎ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
踊躍歓喜

【読み方】
ゆやくかんぎ

【意味】
踊りあがって、大いに喜ぶこと。 信仰を得た際の喜びの表現。仏教語。

【語源・由来】
「踊躍」は、おどりあがって喜ぶこと。「歓喜」は、非常に喜ぶこと。

【類義語】
・狂喜乱舞(きょうきらんぶ)
・欣喜雀躍(きんきじゃくやく)


踊躍歓喜(ゆやくかんぎ)の使い方

ともこ
健太くん。踊躍歓喜してどうしたの?
健太
くじ引きで一等賞をとったんだよ。何がもらえるのかな?
ともこ
何がもらえるか知らないでくじ引きをしたの?
健太
そうなんだ。ああ、はずれがポケットティッシュで一等が鼻セレブだった・・・。

踊躍歓喜(ゆやくかんぎ)の例文

  1. 合格発表を見に行って、お互いの番号を見つけた瞬間、友人と踊躍歓喜しました。
  2. 空手の決勝戦で勝った瞬間、踊躍歓喜したかったけれどもぐっとこらえました。
  3. 今日の晩御飯は、健太くんの好きなオムライスだと聞いて踊躍歓喜していました。
  4. 近所に大好きな店の支店が出来ると聞いて、踊躍歓喜するほどうれしかった。
  5. 私がピアノのコンクールで入賞したと聞いて、いつも厳しい鬼のような母が踊躍歓喜していたと聞いて驚きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事