灞橋驢上【はきょうろじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
灞橋驢上

【読み方】
はきょうろじょう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
詩を作るのに絶好な場所のこと。

【語源・由来】
『北夢瑣言』「七」より。「灞橋」は長安の東にある灞水(川の名)にかかる橋。「驢」は驢馬の背の上という意味。「詩思は灞橋風雪の中、驢子の上に在り」の略。
中国唐の鄭綮に、ある人が近頃よい詩ができたかと尋ねたところ、鄭綮は「詩興は灞橋風雪の中、驢子の背上にあるときにこそわくもので、今のように俗事にかかわっているうちはよい詩はできない」と答えたという故事から。


灞橋驢上(はきょうろじょう)の使い方

健太
ここは絶景だね。まさに灞橋驢上だ。
ともこ
詩が次々と思い浮かぶわ。
健太
今日一日で本一冊分の詩を作ることができそうだよ。
ともこ
さすが多くの詩人が詩を詠んだ場所なだけあるわよね。

灞橋驢上(はきょうろじょう)の例文

  1. 詩を作るなら灞橋驢上というけれども、僕はトイレに入っているときによく閃くよ。
  2. この喫茶店は静かで、心地よい音楽が流れていて灞橋驢上、詩作に励むのにいい雰囲気なのです。
  3. 灞橋驢上、歌枕をめぐるために芭蕉は厳しい旅に出ました。
  4. 風光明媚な和歌山市の和歌の浦は、灞橋驢上といわれ、多くの短歌が詠まれてきました。
  5. 健太くんは器用な詩人で灞橋驢上でなくても、どこでも詩を作ることができるんだそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事