破鏡重円【はきょうじゅうえん】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】
破鏡重円

【読み方】
はきょうじゅうえん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
別れた夫婦がまたいっしょになること。また、離ればなれになっていた夫婦が再会すること。

【語源・由来】
『太平記』一六六引『本事詩』より。「重」は重ねて・再びという意味。割れた鏡が再びもとの円い鏡にもどるという意味から。
陳の徐徳が戦乱の最中、妻と別れるとき、再会のために鏡を半分に割ってそれぞれ一片を持っていたところ、再会できたという故事による。

【対義語】
・破鏡不照(はきょうふしょう)


破鏡重円(はきょうじゅうえん)の使い方

ともこ
先生の機嫌がいいわよね。
健太
奥さんと復縁して、破鏡重円の喜びの真っただ中だそうだよ。
ともこ
へえ。覆水盆に返らずっていうのに破鏡重円なんてことが本当にあるのね。
健太
いろんな夫婦がいるもんだよね。

破鏡重円(はきょうじゅうえん)の例文

  1. 終戦となり、戦地から無事に戻った夫と再会し、破鏡重円の喜びをかみしめました。
  2. 遠くの国に拉致された妻と生きているうちにまた会うことができて、破鏡重円の喜びでいっぱいです。
  3. 子はかすがいというけれども、まさかあの夫婦が破鏡重円となるとはねえ。
  4. あの二人は離婚と破鏡重円を繰り返しています。
  5. 早く彼の元気な姿をこの目で確認して、破鏡重円の喜びをかみしめたいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事