妻子眷族【さいしけんぞく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
妻子眷族

「妻子眷属」とも書く。

【読み方】
さいしけんぞく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
妻と子、家族と血縁関係にある親族のこと。

【語源・由来】
「眷」はみうち、またかえりみる、目をかけるという意味。

【類義語】
・一族郎党(いちぞくろうとう)
・一家眷族(いっかけんぞく)


妻子眷族(さいしけんぞく)の使い方

健太
昨日、兄さんの結婚式があって、父さんが「久しぶりに妻子眷族がそろったなあ」って感慨深そうだったよ。
ともこ
核家族化が進んで、なかなか妻子眷族が勢ぞろいすることはないわよね。
健太
そうなんだ。いとことか本当に久しぶりに会ったから、誰だか分からなかったよ。
ともこ
次にそろうのは健太くんの結婚式かしら?その機会はあるのかどうか怪しいわね。

妻子眷族(さいしけんぞく)の例文

  1. 妻子眷族に集合命令を出して、遺書と遺産について申し伝えました。
  2. あの会社は、妻子眷族で経営しているから親族以外は出世できないんですよ。
  3. 母が、父の作品を集めた記念館を作ると言い出したものだから、妻子眷族を集めて相談しました。
  4. 借金をして妻子眷族にまで迷惑をかけるわけにはいかない。
  5. 妻子眷族にまで咎が及ぶことになりますよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事