発憤忘食【はっぷんぼうしょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
発憤忘食

「発奮忘食」とも書く。

【読み方】
はっぷんぼうしょく

日本漢字能力検定
2級

【意味】
心を奮い立たせて、物事に夢中になって励むこと。

【語源・由来】
『論語』「述而」より。「発憤」は心を奮いおこすこと。「忘食」は食事をとるのも忘れるほど熱中すること。


発憤忘食(はっぷんぼうしょく)の使い方

健太
ノーベル物理学賞の第一回受賞は、あの有名なレントゲンさんなんだね。
ともこ
そうなのよ。発憤忘食して研究に励んで放射線を発見したのよ。
健太
僕も発憤忘食すれば世紀の大発見をすることができるのかな?
ともこ
きっとできるわよ。

発憤忘食(はっぷんぼうしょく)の例文

  1. エジソンは発憤忘食して発明に没頭して、妻に「君は誰だっけ?」と言って怒らせたことがありました。
  2. ともこちゃんの一言が胸に響いたようで、健太くんは発憤忘食して勉強しています。
  3. 発憤忘食してがんばったので、絶対無理といわれた学校に入学することができました。
  4. 健太くんは論文を書くために、このところ発憤忘食の状態でした。
  5. 発憤忘食しているともこちゃんに、少しでも食事を口にしてもらおうとおにぎりを作りました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事