兵者凶器【へいはきょうき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
兵者凶器

【読み方】
へいはきょうき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
武器は人をそこなう不吉な道具であるということ。

【語源・由来】
『国語』「越語・下」より。「兵」は武器・兵器のこと。「者」は主題を強調して提示する語で、「・・・というものは」という意味。「凶器」は人を傷つけたり殺したりする道具のこと。「兵は不祥の器」と類義。


兵者凶器(へいはきょうき)の使い方

健太
兵者凶器というくらいなんだから、世界中の各国が武器を放棄すればいいのにね。
ともこ
そうよね。日本も核だけじゃなくて、すべての兵器を捨て去ればいいのに。
健太
敵の攻撃を恐れる必要がない世界って、きっとすがすがしいものなんだろうね。
ともこ
理想的ねえ。

兵者凶器(へいはきょうき)の例文

  1. 刀は人を傷つける兵者凶器、こんなものがあるから争いを呼び込むことになるんだ。
  2. 国民を守るためであっても兵者凶器、そんな不吉なものは手放してしまおう。
  3. 兵者凶器、国際問題は武力ではなく外交で解決しようじゃないか。
  4. 暴力は暴力しか生み出さない、兵者凶器というように武器では幸せになれない。
  5. 憎しみを生じさせる武器は、まさに兵者凶器、不吉なものでしかない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事