歓喜抃舞【かんきべんぶ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
歓喜抃舞

【読み方】
かんきべんぶ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
思いっきり喜ぶこと。「抃舞」は手を打ち鳴らして踊ること。

【類義語】
・歓欣鼓舞(かんきんこぶ)
・喜躍抃舞(きやくべんぶ)
・欣喜雀躍(きんきじゃくやく)
・手舞足踏(しゅぶそくとう)

【スポンサーリンク】

歓喜抃舞(かんきべんぶ)の使い方

健太
僕の兄さんは受験生だったんだけど、昨日、大学の合格発表だったんだ。
ともこ
へえ。無事に合格したの?
健太
うん。家族みんなで歓喜抃舞したよ。
ともこ
ああ。受験発表の会場で踊りながら喜んでいる家族が映っていたわ。あれは健太くんの家族だったのね。

歓喜抃舞(かんきべんぶ)の例文

  1. 投手は、バッターから三振をとっても歓喜抃舞してはいけないことになっています。
  2. いつもテストで0点の健太くんは、この前のテストで50点をとって、歓喜抃舞していました。
  3. おいしいケーキに出会えたので、思わず店内で歓喜抃舞してしまいました。
  4. 宝くじが当たって歓喜抃舞していたら、宝くじが風に飛ばされてしまいました。
  5. オーディションの最終選考に残ることが出来て、まだ役を射止めたわけじゃないけれども歓喜抃舞しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事