風光明媚【ふうこうめいび】の意味と使い方の例文

スポンサーリンク

【四字熟語】
風光明媚

【読み方】
ふうこうめいび

【意味】
自然の景色が澄んでいて美しいこと。「風光」は景色や眺め。「明媚」は景色が美しく澄んでいる様子。

【スポンサーリンク】

風光明媚(ふうこうめいび)の使い方

ともこ
健太くんのおばあちゃんはどこに住んでいるの?
健太
都会から少し離れた風光明媚な海浜の町だよ。魚が新鮮でとてもおいしいんだ。丸々と太った野良ねこがたくさんいて穏やかな町なんだよ。
ともこ
へえ。それは行ってみたいわね。
健太
夏休みに海水浴も兼ねて行ってみようよ!秘密基地もあるんだよ。

風光明媚(ふうこうめいび)の例文

  1. 風光明媚な街に住んでいるにもかかわらず、彼は家の中で過ごすのを好んでいました。
  2. 開発を喜ぶ声もありますが、風光明媚な海岸線の眺望などの喪失を残念がる声もあります。
  3. ここは、温泉や風光明媚な自然で知られ、一大観光地でした。
  4. 日本海に面する風光明媚なこの海水浴場は、有名な小説にも登場します。
  5. そのスキー場は、山あいにあるため、周辺には風光明媚な散策路が整備されています。
  6. 風力発電機の設置に当たっては、自然景観への影響が問題になる場合もあり、風光明媚な観光地などでは反対されました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事