敝衣蓬髪【へいいほうはつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
敝衣蓬髪

「弊衣蓬髪」とも書く。

【読み方】
へいいほうはつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
ぼろぼろで、きたないいでたち。なりふりにかまわぬこと。

【語源・由来】
「敝衣」はぼろぼろの衣服。「蓬髪」はよもぎのようにのびて乱れた髪のこと。

【類義語】
・蓬頭垢面(ほうとうこうめん)
・弊衣破帽(へいいはぼう)
・敝衣草屨(へいいそうく)


敝衣蓬髪(へいいほうはつ)の使い方

ともこ
下北沢には敝衣蓬髪な若者が多いわね。
健太
そうだね。でも、汚らしくないよね。かっこいいよ。
ともこ
私は考え方が古いのか理解できないけどね。
健太
あのぼろぼろの服を着こなすなんてすごいセンスだよ。僕はあこがれるなあ。

敝衣蓬髪(へいいほうはつ)の例文

  1. 娘が連れてきた男は敝衣蓬髪で不愉快だったが、娘が選んだ奴ならしょうがない。
  2. 敝衣蓬髪のままデパートに入る気にはなれない。
  3. 健太くんは、いつも敝衣蓬髪で服に無頓着です。
  4. 敝衣蓬髪な健太くんがいつもはいているジーンズが、まさか300万円もするとも思わなかった。
  5. 健太くんは今まで敝衣蓬髪で、小汚い恰好をしていましたが、ともこちゃんに恋をしてから変わりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事