矯枉過直【きょうおうかちょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
矯枉過直

【読み方】
きょうおうかちょく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
物事を正そうとして、やりすぎてしまえば、新しい偏向や損害を招くということ。「枉れるを矯めて直きに過ぐ」とも読む。

【語源・由来】
「越絶書」越絶篇叙外伝記より。曲がっているものをまっすぐにしようとして、力を入れすぎて、逆の方向に曲がってしまうという意味から。

【類義語】
・矯枉過正(きょうおうかせい)
・矯角殺牛(きょうかくさつぎゅう)
・庇葉傷枝(ひようしょうし)


矯枉過直(きょうおうかちょく)の使い方

ともこ
健太くん、こんなところで何をしているの?家に帰らないの?
健太
家に帰ったら、母さんに、勉強、勉強ってうるさく言われるから嫌なんだ。矯枉過直、無理に勉強させようとしたって、余計にやる気がなくなるだけだよ。
ともこ
そうね。でも健太くんは、言われなかったら言われなかったで絶対やらないと思うわ。
健太
それもそうだね。

矯枉過直(きょうおうかちょく)の例文

  1. 矯枉過直、校則を厳しくすればするほど生徒は反発するものです。
  2. 矯枉過直、川の氾濫をなくそうとダムを作ったら、土地がやせて作物が育たなくなりました。
  3. 矯枉過直、難民の入国審査を厳しくしたら、反発が起き、戦争に発展しました。
  4. 矯枉過直、健太くんの遅刻癖をなおそうとしたら、不登校になってしまいました。
  5. 矯枉過直、健太くんの鉛筆の持ち方を矯正したら、字が汚くて読めなくなりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事