前倨後恭【ぜんきょこうきょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
前倨後恭

【読み方】
ぜんきょこうきょう

「前には倨りて後には恭し」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
それまでの態度をがらりと変えて、相手にへつらうこと。

【語源・由来】
『史記』「蘇秦伝」より。「倨」は人をあなどること。「恭」はうやうやしくするという意味。
中国戦国時代の遊説家蘇秦が、諸国をめぐったあげくすっかり貧乏になって故郷の洛陽に戻ったところ、妻や兄弟の家族が彼のことをばかにした。のちに秦に対抗する六国の宰相となって戻ったところ、皆が目を伏せ、腰を低くして給仕をしたので、「どうして今度はうやうやしくするのか」と尋ねたところ、嫂が「あなたは位が高く、お金持ちだからです」と答えたという故事から。


前倨後恭(ぜんきょこうきょう)の使い方

健太
兄さんが、ミュージシャンとして成功を収めたんだよ。
ともこ
知っているわ。この前テレビで見てびっくりしたのよ。
健太
成功する前は冷たかった人たちが、成功したら手の平を返すように前倨後恭してくるんだって嘆いていたよ。
ともこ
売れなかった時期に支えてくれた人こそ本当の友達よね。

前倨後恭(ぜんきょこうきょう)の例文

  1. 世界大会で優勝したら、僕を馬鹿にしていた人たちが、態度を豹変、前倨後恭してきたんだ。
  2. 君の才能に気づかず馬鹿にしていた人たちを見返し前倨後恭させたいのなら、成功するしかない。
  3. 前倨後恭するような人は信用できません。
  4. 私が有名になってから前倨後恭する人が増え、親戚を名乗る人も増えました。
  5. 主人が出世してから、前倨後恭するママ友がいてあきれかえっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事