碧眼紅毛【へきがんこうもう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
碧眼紅毛

「紅毛碧眼」ともいう。

【読み方】
へきがんこうもう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
西洋人のこと。

【語源・由来】
赤い髪の毛で、青い眼の人のこと。「碧」はあおみどり色のこと。江戸時代、ポルトガル人・スペイン人を南蛮人と呼んだのに対し、オランダ人を紅毛人と呼んだが、のち、広く西洋人をさすようになった。

【類義語】
・紫髯緑眼(しぜんりょくがん)


碧眼紅毛(へきがんこうもう)の使い方

健太
碧眼紅毛の人が、地図を片手に困っているようだね。道に迷っているようだよ。
ともこ
私たちが助けてあげましょうか?
健太
僕は日本語しか話すことができないよ。
ともこ
私は英語を話すことができるし、碧眼紅毛らしき彼らなら英語で通じると思うわ。

碧眼紅毛(へきがんこうもう)の例文

  1. あの碧眼紅毛の女性は、健太くんの彼女なんです。
  2. オリンピックを開催している今、碧眼紅毛の人が大勢日本に来ていますね。
  3. 碧眼紅毛の間で日本食がブームになっているようです。
  4. 碧眼紅毛のマイケルは、僕の英語の先生なんです。
  5. 黒髪の日本人ばかりの中に碧眼紅毛の異国の人が混ざってると、とても目立ちますね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事