疲労困憊【ひろうこんぱい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
疲労困憊

【読み方】
ひろうこんぱい

【意味】
疲れ果てること。「困憊」は酷く疲れて弱ること。

【類義語】
・精疲力尽(せいひりきじん)
・満身創痍(まんしんそうい)


疲労困憊(ひろうこんぱい)の使い方

ともこ
健太くん。昨日の運動会は大活躍だったわね。おかげで白組が勝利したわ。
健太
うん。おかげで疲労困憊で、家に着いてからの記憶が無いんだよ。
ともこ
ご飯も食べずに寝てしまったの?
健太
そうなんだよ。目が覚めたら朝だったよ。勝利した日の次の日は、心身ともに気持ちがいいねえ。

疲労困憊(ひろうこんぱい)の例文

  1. どんなに疲労困憊しても、健太くんの好奇心を殺すことだけはできないようです。
  2. 疲労困憊した健太くんは役に立たないでしょうから、置いていくことにしました。
  3. 山頂に着くまでに疲労困憊したのに、この後また下山するのかと思うとげんなりしました。
  4. 飼い猫を探して一日中歩き回っていたので疲労困憊しました。
  5. 心身ともに疲労困憊した私は、ソファーに座り込んで気を失ってしまいました。
  6. 疲労困憊の体に鞭をうち、私は上司に報告をしに、直帰しないで会社に寄ることにしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事